注射が痛いのは水分不足が原因、血液のドロドロサラサラが関係する

注射器

基本的には注射は血液がサラサラだと痛くはないのです。
当然ですが・・・逆に血液がドロドロだと注射が痛くなるのです。

スポンサーリンク

注射が痛いということ

先に書いた注射が痛いのは血液がドロドロになっているという理由のほか、注射の成分の浸透圧(濃度)に左右される場合もあります。

注射の成分と血液の水分成分の浸透圧が関係

つまり、注射が痛いと感じる理由には、注射の成分の浸透圧(濃度)と血液の水分成分(血漿)の浸透圧(濃度)が関係するわけです。

体内にスムーズに注射の成分が入れば痛くない

ですから、簡単に言うと注射の成分が体の中(血液中)にスムーズに入ることが出来れば注射はほとんど痛く感じることはないのです。

注射が痛くない対策は水分補給

注射が痛くならない様にするためには、注射をされる可能性がある日(予定)にはしっかりと水分を摂っておくということがおすすめです。

血液をサラサラへ

注射が予定される日には水分不足をしっかりと補っておくことで血液はドロドロになることなくサラサラになるので注射の成分がスムーズに体内に入ってくることとなります。

注射は我慢も必要かも・・・

ただ注射の成分が濃い場合には多少の痛さは我慢するしか術はありませんが・・・。

まとめ

注射に関しても血液はドロドロよりもサラサラの方が断然良いわけですが・・・そんなことより基本的に健康の為にも血液はサラサラにこしたことはありません。

「注射の日だから」などということに限らず・・・常日頃から水分補給には気を遣い、総じて健康に気を遣うということが大切となるのです。

女優やモデルも愛用するタンパク質栄養補助食品ソイプロテイン

生姜紅茶&ココアの効果効能で不眠・インフルエンザ・胃腸炎を対策【おすすめレシピ(作り方)】

など健康に関わり維持&保持できることは今からでも多くあります。

とりあえず何からし良いのか?わからないといった際には何からでも始めてみてもいいかと思いますのでおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする