骨盤矯正&鍼灸の効果効能で老いの坂道を緩やかにする!健康診断は目安程度【体の土台(基礎)を整える】

健康のための骨盤矯正と鍼灸に取り組む

先日家の近所にある”骨盤矯正と鍼灸をしてくれるサロン”を見つけて行ってきました。

『絶対に健康体でいる!』ということがある私はこういったことはこまめに予防するようにしています。

私の人生の中での経験上東洋医学の力を借りることは重要で大切なことだ思っているからです。

私自身の健康法についてはそれなりにこだわりも自信も持っています。
色々と日々勉強しています^^

スポンサーリンク

健康診断は優秀!でも目安でしかない!

私はほとんど病院へ行ったことがありません。
しかし美容も健康も人並以上だと思っています。

毎年健康診断は受けています。
その結果・・・健康診断は毎回優秀です。

たまに忙しい時に貧血気味と出ることもありますがすぐに食事に気を配ります。

健康診断の目的は病気を見つけることではない?

健康診断は病気をみつけることではありません。

私の場合はですが・・・あくまで今の健康予防方法が正しいか?という目安なのです。

骨盤矯正&鍼灸を試みる理由

骨盤の歪みがあると当然内臓も歪んで収められるということになります。
するとカラダ全体の血流も悪くなり働きも弱くなります。

そんなことが何年も何年もひずみをとらずに働かせすぎると・・・結果病気へとということになります。

それを人は「年をとったのだから仕方がないよね」と言ってしまうのです。

肩こり・腰痛を甘くみてはいけない

肩こり・腰痛程度なら病院へ行くこともないだろう?と考える方が世の中には大多数だと思います。

そして・・・骨盤矯正や鍼灸に通うのは『贅沢』と考えてしまいがちです。

しかし肩こり・腰痛にも本当に様々な要因があるのです。

私たちは知ったかぶりをしている人生だったりします。
生きていく中で実はかなり無知なのです。

でも根本には土台が歪めばその上の背骨も首の骨も歪んでしまうのは当然で、

  • 神経伝達もうまくいかなくなる
  • 筋肉は硬くなる

など体に多くの不調が出るのは当然なのです。

生きてて体が左右非対称なのは至極当然のこと

今の身体は日常生活の癖の積み重ねなわけなので、確かに、何もしないで左右対称、という人はゼロに近いと思います。

だからこそ私は月2回はリセットしに行くのです。

骨盤矯正で左右バランスを整えはおすすめ『婦人科系病気(不妊症・月経痛)トラブル改善解消対策』

骨格の土台を整えれば、血液もリンパも、その流れる道が正常になるわけですから、代謝が上がり免疫も上がっていきます。

鍼灸(しんきゅう)の効果効能はエネルギーの流れ&経路

鍼灸で言うとエネルギーの流れ・経絡もかかわってくると思います。

とはいえ、そうした中で脈をみて鍼灸をしてもらう、となると本当に内臓から元気になった!と感じれるのです。

体感的な部分もあります^^;

ただそうして、ある程度の「元気」を保っておけば、結果的に私の場合、

  • 食事管理
  • 睡眠の質の向上
  • 運動不足解消

などへ対して気をつける意欲も失われずに済むこととなります。
それはすなわちずーっと好循環の中にいることができるということにつながるのです。

老いの坂道を出来るだけ緩やかに

人は必ず老いていきます。

それは絶対に避けられないことです。
しかしその老いの坂道を出来るだけ緩やかにすることは可能です。

世の中には工夫は沢山あります。

これからの健康の為に出来ること

私は骨盤矯正・鍼灸のほかにも多くの美容&健康に関することについて勉強、そして取り組んでいます。

身体に良いというサプリメントなども試しみることもあります。

ただ骨盤が歪み体内の道が歪んでいれば良いものを内臓が吸収できないのです。
つまりそんなサプリメントや健康補助食品もムダになってしまうということです。

基礎&土台を整えるのは必要不可欠

だからこそ土台を整えることは必須なことですし、必要不可欠なことだと思っています。

そうした結果私は風邪ひとつひかずにここまで来ているのです。
(たまにひくということはありますが・・・^^;)

そして「本当に元気だよね!年齢不詳だし!」と言われるようになれます。
だからこそ私は本当にお薦めしています。

でも、もちろん治療家の人も人間なので『自分に合う!(相性が良い)』と思う信頼できる先生を探すのにも時間がかかります。

色々と行ってみて、信頼できる先生を2・3人みつけておくことがおすすめです。

それが今後のあなたの健康に大きく関係してくることになるでしょうから。

もちろんメリット&デメリットはあります。
健康になる分、人よりも時間を費やすなど・・・当たり前ですが^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする